悠久の時を懸けて湧き出すナチュラルミネラルウォーター

奥京都「古都の天然水」とは?

バランスの良いミネラル成分の天然水

☆悠久の時を懸けて湧き出すナチュラルミネラルウォーター

「古都の天然水」は、京都府福知山市の三岳山麓で採水しています。三岳山は「丹波の雲海」で知られた山々の一つで標高839mで周りは自然豊かな緑に囲まれ特に「雲海、霧海」は神秘的な情景です。数十万年前に噴火したと云われており、地下岩盤は花崗岩で覆われています。北位置には国定公園に指定された大江山があり、平安時代に坂田公時(幼名:金太郎)が都に出てきて悪さをする大江山に隠れていた酒呑童子を退治したという伝説は有名です。三岳山の側には雲原川が流れ、全国で初めて「国の登録記念物」として指定された「雲原砂防」があり、緑豊かな環境で湧き出す天然水は古都の風情をさらに甦らせます。花崗岩を長い年月をかけて浸透して湧き出す天然水は、硬度30の軟水で日本人に好まれ、飲みやすくまろやかな味わいです。

☆「古都の天然水」1リットル当りの成分

成分詳細

☆最先端の製造設備と工程管理

最新の製造設備とクリーンルームで極めて衛生的に天然水をボトリングしているので、水本来のおいしさを損なうことなくそのままお届けいたします。